スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ男は浮気をするの?脳?

ねずみの仲間であるプレーリーハタネズミは、一夫一妻の単婚性である。

オスはメスと同じ巣で暮らし、子育てもする。

一方、アメリカハタネズミは、複婚性

この2種類のハタネズミの脳を調べたところ、

バソプレッシンというホルモンの働きに違いがみられた。

プレーリーハタネズミは、アメリカハタネズミに比べ、

前脳腹側領域のバソプレッシンVla受容体(VlaR)の発現量が多く、

より活発にバソプレッシンが働いていた。

そこで、アメリカハタネズミのVlaR遺伝子の発現量を増やすと、

複婚性のオスが1匹のメスのみを好むようになった

バソプレッシンは、特定の相手とつがいとして安定する行動に関与しているらしい。

バソプレッシンは人の恋愛に影響するのか?

疑問を持ったスウェーデンのカロリンスカ研究所が

国内の双生児552組とそのパートナーを対象に調査を行った。



バソプレッシン受容体の1種、AVPR1Aに関わるRS3という遺伝子多型には、10種類以上の型がある。

これらの型は父方、母方からひとつずつ受け継がれるが、

「334」というかたをもつ男性(全体の40%)は、

妻や恋人のトラブルが多く、

パートナーから見ての満足度が比較的低くなる傾向がみられた。

334

特に「334」を2つ持つ男性(全体の4%)は 

もたない男性に比べ、過去1年間で離婚の危機を経験した率が2倍も高かった。

世の中の浮気性の男性は、2つ持ってるんでしょうかね??



しかし、これは

女性には当てはまらないらしい・・・

今どきは、女性が強いし、女性の浮気で離婚とかも有りげな話なのに


男性の浮気は 脳のホルモンによるものなのか?

まだやっぱりこれも本当のところは、謎だそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント

★シミ・シワでお悩みの方★
モニター参加はコチラ
管理画面とリンク



★登録するなら安心の!☆彡⇒
ハッピーメール
プロフィール

nonohakata

Author:nonohakata
OH!脳 ww!
私の父の兄弟は皆、お医者様。
しかし父は、唯一、営業マンである。
お家柄は多少いいらしい。
博多から発信しております。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
スポンサード・リンク

現在の閲覧者数:




RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム
楽天スタイル^^
フリーエリア

 
 
・圧倒的なクリック誘導率のツールが商材。ブログに設置して、この商品を販売してみよう!・980円であり得ないボリュームの商材!
・ペイパル決済なので即入金!
■新生・980円ペイパルV2
すてきなおすすめBLOG

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。